190・みらいブログ・教育プロジェクト報告

松野

支援いただきありがとうございます。
私は中学二年生の男の子を担当させてもらっています。最初の頃は自分の考えに自信を持てず、すぐに答えを確認することが多かったです。しかし最近は自分で見直しをして間違いがないかを確認してから「出来たよ」と見せてくれるようになりました。自分と向き合って勉強に取り組んでる姿が見られ、とても嬉しく思っています。
また、7月は事情があり、担当の子以外にも高校2年生と小学6年生の男の子を担当させてもらいました。高校2年生の男の子は、「将来マジシャンになって世界を回りたい」と言って英語の質問をたくさんしてくれました。小学6年生の男の子は、勉強に集中しドリルを何ページも進めながらも、休憩時間にはたくさんお話をしてくれました。2人とも、普段教育支援が受けられない分、とても楽しみにしてくれていたようで終わりには「もっと教えて欲しいなあ」と言ってくれました。その時、いつかこの子達にも勉強を教えたい!と思い、まずは支援していただいている残りの4ヶ月を大切に精いっぱい頑張ろうと思いました。
これからも、子どもたちの様々なの姿を知り、子どもたちと共に成長し、子どもたちの支えとなれるよう頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願い致します。