みらいブログ290・ボランティアクルーからの手紙

2018.5.2

訪問回数 複数回
時間 10~12 時
内容 鬼ごっこ、ボール投げ、バスケットボール

対象 幼児さんから高校生

感想、気付き、感じたこと
これまでの継続訪問の成果として、多くの子と接し、話すことができるようになっています。また、名前を覚えることも徐々にできるようになっており、他のクルーさん含め、以前よりも子どもたちと打ち解ける時間が短い分、深く子どもたちと関われているように感じます。今回の訪問でも、以前話をした子が自分から話しかけてくれて、遊ぼうとゆってくれました。こうしたことは自分としてもとても嬉しいですし、これは財団としてもいい傾向だと思います。ただ、今回感想のシェアでもあったように、深い関わりができている分、次回訪問まで期間が空くことが勿体無いと思います。この課題を解決するためにも、今後は子どもたちとのより深い関わりをもち、訪問間隔の短縮に繋げていきたいと思います。最後にリーダーの○さんをはじめ今回の訪問に協力してくださった
方々ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。