みらいブログ182・ツナガル教育プロジェクト

2017.7.13

私は小学校5年生の男の子を担当しています。男の子は様々な事情があり、初対面の人には特に目を合わせてくれません。人付き合いが上手ではないそうです。
前回初めて、一緒に勉強をしました。緊張のせいか椅子の隅っこの方に座って、縮こまりながら終わらなかった宿題をしていました。
漢字ドリルはとっても丁寧な字で書けていました。
算数のドリルも一生懸命問題を解いていました。
しかし文章問題や読解に課題があり、算数ドリルはほとんど間違えていました。
でも、一緒に考えながら苦手な問題に向き合うことができました。
その後、夕食の時間トマトを最後に残し、微妙な顔で食べていたので、私はニヤニヤしながら見ていました。すると、トマト苦手やねんと恥ずかしそうに笑いながら、なんと話しかけてくれました!
その後も、男の子は一緒に解いたドリルを気持ちよく丸つけをしていて、
あ!答えに「約」が抜けてたー!とニコニコしながら教えにきてくれました!!

皆様が支援をして下さらなかったら、この男の子と出会うことはできなかったので
感謝の気持ちでいっぱいです!!
様々な課題がありますが、優しい心を持っていて、苦手なことも一生懸命取り組むことのできる子です。
一緒に勉強する中で、その子が自信を持ち、次の一歩に踏み出せるよう
様々工夫をしています。
またご報告させていただきますね。よろしくお願いします。