みらいブログ183【ボランティアクルーからの手紙】

2017.7.14
【みらいこども財団・ボランティアクルーからの手紙】

7月9日(日)
訪問回数 5回

時間 10~14時
内容 ビーズ、おしゃべり、テレビ鑑賞、昼食

感想
午前中は○くんと主に遊んでいたのですが、気を許しているのか、軽く蹴ったりとじゃれてきました。反応を求めた、一種の甘えの行動なのかなと思いました。
女の子達の部屋ではビーズで遊びつつ、テレビを見ながらお話しました。少しずつその子達のことが知れてよかったです。
2週間前に入ったという△くんに初めに挨拶した時は、先生にべったりで目も合わせようとしてくれませんでした。しかし、午後には自発的にパズルを見せてくれたり、だっこや肩車、おんぶを要求したりと先生方に甘えてくれるようになりました。
小学生以上の子達の中で1人3歳で、外へ行くためのルールが違ったので、何度も自分の要求を拒否される形となってしまい、それが癇癪の要因となってしまいました。外への意識を外そうとしたり、妥協点を提案してみたりとしましたが、なかなか上手くいかず対応が難しいと感じました

課題
・対策
風船を楽しみにしていた子が多数いたが、用意を忘れていたので、17日の訪問では必ず持っていく。