みらいブログ297・【こどもスカウトキャラバンin堺市】

2018.6.3
【こどもスカウトキャラバンin堺市】
訪問回数 5回 (SC1回)
時 間:14~16時
内 容:スカウトキャラバン、施設長のお話、施設内の見学
 
ワーク:調乳・授乳体験 と職業図鑑で仕事を探したり、好きなこと等を書き出して自己肯定感を育む
対象 小学生から高校生まで17名
感想
今回の開催につきまして、谷山さんや○など、これまでに沢山の財団メンバーが施設との信頼関係を築いてくれたからこそ実施できたことに感謝します。僕は他施設のリーダーをさせていただいてますが、施設との交渉の難しさ、リスクを恐れる故の保守的な施設運営を感じております。
ある施設長から、「児童養護施設は家庭で正常な生活ができない子どもの命を守るため、一時的にお預かりする『措置』の場所である」と話を伺ったことがあります。
ほとんどの施設では、○寮のように生活の場に入って活動することはありません。ボランティアにそこまで任せていただけるのは本当にすごいことなんです。
今後も訪問前のいってらっしゃい、訪問後のお疲れさま、そして、訪問はできなくても裏方でがんばって頂いているクルーさんにも、「ありがとう」をいっぱい言える素敵なグループになってください!だいぶ本題から外れてしまってすみません汗
大まかな感想として、施設の生活(主に友達、職員との人間関係)に慣れて適応している子どもは、比較的将来のことを考える力がもてるのかなと感じました。○すけ君は自分を大切にしてくれる人の項目に、職員さんと友達の名前を書いていました。職業については、はじめは弁護士(お金を稼げるから)でしたが最後は卓球選手にしてました。
△君は◆さんの話(母親、友達のエピソード)に前のめりになって、時には頷きながら真剣に聞いてました。□さんのワークでは、それまで難しそうに話を聞いていた子どもが積極的に参加して笑顔になったり、中高生の女の子はとても嬉しそうで優しい表情になってました。
最後に施設長から、子ども達が長時間ずっとお話を聞いていたのは初めてです!と言って頂けました。これからも様々な活動を通じていろんな大人と関われる機会を作り、子ども達が信頼できる大人を見つけてもらいたいなと願っております。
——————————-
【みらいこども財団HP】
http://miraikyousou.com/
◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら
http://miraikyousou.com/join#anc01
———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
 https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————–