201・みらいブログ【個別支援クルーからの手紙】

2017.9.7

みらいこども財団では団体での訪問とは別に、平日などに個別に訪問するクルーさんもいます。

個別支援報告書
8月2日、23日 15時~19時
8月17日 15時~21時
内容:生活支援
感想
2日
この日は、僕が行かせていただいているユニットが、土日にキャンプに行くらしく、子供たちは夏休みの宿題を終わらすのに一生懸命にしていました。
小学生組は、自由工作の貯金箱を作っており、少しでも工夫しないといけないらしく、1年生の子はどうしたら良いのかすごく悩んでいたそうです。少し見せてもらったら、その子らしい工夫がされていました。その後は、いつもと同じくゴロゴロしたり、最近みんなが使う部屋に漫画を置いているので、その漫画を見たりしていました。

23日
この日は、中学生が焼肉の招待を受けており、訪問した時はおらず、16時頃に帰ってきました。また、小学生たちは、急遽入った影絵の招待に参加することになり、晩御飯を早く食べ、行ってしまいました。そのため、中学生の子といつも以上に関わることが出来ました。去年、今中1の子に将来お兄ちゃんは薬剤師になるんだよと言っていたことを覚えており、唐突に薬剤師について教えてと言ってくれました。時間はたくさんあったので、いろいろ話しました。気付くと20時前で子供たちの就寝準備の時間で先生方にも悪いと思い次回続き話すねと言ってその日は帰りました。
帰る前に、先生と話しましたが、あの子が1つの職業について自分から聞くのは、なかなかなかったので、貴重な時間ありがとうございました。と言っていただき、すごく嬉しくなりました。このような機会を増やせれるようにもっと子供たちと関わる時間を大拙にしていこうと思いました。