227・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

2017.11.20

施設訪問感想シート version3
11月12日
氏名 加藤直輝
訪問回数 8回
時間 13~16時
内容 雑談、バスケ、テレビゲーム

感想、気付き、感じたこと
ヨハネさんに入る前ミーティングをしていると、梶原君が横で「絶対もうそこに居るで」と言っていて、「まさか」と思っていたら…
谷山さんが行くとキャーキャーって。
1人だけ黄色い声援受けてるのがずるかったです(笑)

財団が来ると井出さんを待っていたかのように絡んでる子がいていいなぁ、って思いました。
荷物を置いて外に出ると、先月少しお話をした○くんと、もう1人初めて会った女の子が玄関から少し離れた所の地面に二人で座っていたので、勝手にちょこんと少し距離を取りながらも間に座りました。
初めの20分くらいは関係もできてないしギクシャクしてましたが、どうでもいい会話をしていると少ずつですが距離が近くなれたと思います。
3人で、ドッジボールをしている子供達、クルーさんを見ていて
そらと□ちゃんが「あの来るとさん頭良さそうやな」とか「あの人ハーフ?」「あの人走り方おもろい(笑)」とか、財団の人を通してかなり会話ができました。
なんか皆さんをだしに使ったみたいですみません。笑
でも本当に3人ともすごく笑顔でした。
そらがこの日、少しは財団に興味を持ってくれているのか、ただ聞いてみただけなのか、、、
そこの所は分かりませんが、話の最中にいくつか聞いてくることがありました。
「仕事何してるん?」
から始まり
「こどもみらい財団の人達ってみんな何してる人なん?」
「今日来てる人で仲の良い人とかおるん?」
「なんでこれ(財団としての活動)始めようと思ったん?」

と、沢山聞いてくれました。
1つ1つきちんと答えれたと思います。
その時に、「なぜこのボランティアを始めようと思ったのか」
の質問に対して、「いつかここみたいな施設の先生になりたいから始めてん」と答えると「じゃあここで働いたらええやん!」と言ってくれました。
すごく嬉しかったです。