267・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

2018.3.14

月日 3/11

訪問回数 5回
時間 ~ 時 14~16時
内容 ホーム→おままごと、風船
外→リレー、氷鬼、おんぶ

感想、気付き、感じたこと
着いてすぐいつもの子達が寄ってきてくれて、遊ぼうと言ってきてくれました。ホームに行くことを伝えると「4階案内してあげる!」と言ってくれて、手を引いてくれましたが4階のホームには行けないことを伝えると残念がっていました。一時間後戻ってくることを伝え、遊ぶ約束をするとすんなり離れてくれました。
ホームでは前回Wiiをしていた子が多かったのですが、幼児さんしかいなかったためかゲームはしていませんでした。 ○くんとおままごとをすることになり二人で人形を赤ちゃんに見立てておままごとをしました。おままごとの設定が本当のお父さんとお母さんのところに行く設定になっており、それに合わせて遊びました。1時間が経とうとした時に、みんなにバイバイを伝えると悲しそうな顔をして「もう帰るん」と言われました。あと1時間外にいることを伝えると先に外で遊んでから中に来て欲しかったと言ってくれて、とても愛おしくなりました。
その後前回までの訪問では少ししか話したことがなかった△ちゃんがお菓子を食べるついでに1時間経ったから外行かなあかんやろ!と言いに来てくれました(笑)今まで喋りかけてもあまり喋ってくれなかったイメージだったのでいつも来てる人と認識してもらえたのかなぁと思いました。

外遊びでは前々回遊ぶ約束をしていた子達と遊びました。気になったことは氷鬼をしている時に鬼に向かって、自分の服を捲り上げて挑発している女の子がいたことです。それを見た子が見事に真似をしてしまい、悪循環だなと思いました。注意するものの、女の子は楽しそうで辞めてくれませんでした。
今回の訪問は嬉しかったことが沢山ありました。ホームでは○くんといっぱいお話しながら関わっていた時に不意に私を見つめてきて、元気いっぱいの笑顔で笑いかけてくれたり、鬼ごっこでは◆ちゃんが私をじっと見て「やっぱり鬼ごっこ楽しいな」と言ってきてくれました。小さなことですがとても嬉しかったです。