295・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

2018.6.1
【みらいこども財団・ボランティアクルーからの手紙】
5月27日
 
訪問回数 5回目
時間 14~16時
内容 バドミントン、ボール遊び、おにごっこ、お喋り
 
感想、気付き、感じたこと
今回は久しぶりに寿公園側の子どもたちと遊んだのですが、名前を覚えてくれている子もいたり、また昔サラッと言った私の誕生日を覚えてくれている子もいたりして凄く嬉しく、子どもたちの記憶力は自分が思っているよりも優れていると思いました。
また今回は初めて施設内を見学させていただくという、貴重な機会をいただきました。
そこでは子どもたちの私生活も少し見ることができて、私生活と私たちと関わる時間を比較すると、私たちとの時間はほんのほんの少しだけしかないんだと感じ、もっと一回一回の施設訪問を大事にしていきたいと思いました。
また、今回のメインがバドミントンだったのですがトーナメント形式などですることができず、子どもをまとめることの難しさを痛感しました。
課題 幼児の男の子に抱っこしてと言われ、抱っこすると幼児さんが職員さんから注意されてしまっていた。
対策・○さんでは同性でも距離感を気にしてらっしゃるので、次回以降もっと意識していくべきだと感じ、職員さんに注意される前に自分が注意できるようにするべきだと思いました。
前回の訪問に比べてできたこと、できなかったこと
積極的に子どもたちに話しに行けなかった。
 
その他なんでも
今回キャプテンの○さんをはじめ、みなさんありがとうございました。また機会がありましたら、次回もよろしくお願いします。