310みらいブログ【ボランティアクルーからの手紙】

2018.7.5

6月23日

訪問回数 1 回
時間 13時~ 17時
内容 図書館、お買い物の付き添い、百人一首

対象
★感想、気付き、感じたこと

初めての訪問だったため、待ち合わせ場所の駅で、クルーの皆さんにお会いできた瞬間から、緊張がマックスになっていた私に、先輩が、たくさん話し掛けて和ませて下さり、本当に心から嬉しかったです。
ありがとうございました。

女の子フロアでは、はじめ何となくピリピリした雰囲気が漂っていて、”私にできることは何だろう…”と戸惑いました。雨の中、みんなと図書館に向かう道中から、”一人でいる子に話しに行こう!”…って決めてからは、心が定まっていきました。
…ただ、その人が若江さんでアルバイトされてる19歳の◎さんでした💦
色々、アルバイト中に子供達と接していて、難しいって感じることはどんなこと?とか、女の子フロアのことなど、色々聞かせて頂くことができました。

このことで、”あ、こうやって、側でそっとお話聞かせてもらえたり、寄り添えたら良いのかも…”って思えました。

図書館では、人見知りっぽいMちゃんのDVDを一緒に検索をして借りる…のを長い時間掛けて過ごさせてもらいました。

ミッキーマウス…というキーワードを入れるときに、機械の操作が難しい…のではなく、ミッキーマウス…と口語で話してる文字を表すことそのものが、難しいのかも知れない…と思いました。

小学校高学年のMちゃん、…と入力しては消して…を長い時間何度も繰り返していて…

一緒に寄り添いながら、最後にはMちゃんが自分で、借りたいものを検索できて、借りに行くことができて、嬉しいお顔でした!

帰り道に、そっと一言だけ、
“お母さんと一緒に天王寺に買い物に行ったりしてるときが一番嬉しい”…と話してくれました。

心を開いてくれた一瞬に嬉しくなりました。

お買い物のときは、アルバイトの◎さんと一緒に、◆ちゃんと、▲ちゃんのお買い物に付き添いました。

ダッシュで携帯ショップに走り、デモ機でゲームをして過ごしたり、プリクラを撮って、駄菓子屋さんに行き、そこで迷ってる間に、待ち合わせ時刻に遅れてしまいました。◎さんと一緒に居ながら、強く言えずそこが反省です。

戻ってからは□ちゃん、▽ちゃんの百人一首の読み上げ係をして、あっという間の1日でした。