369みらいブログ・施設訪問報告

2018.10.25

施設訪問感想シート
★10月14日
★訪問回数 3回
★時間 13~ 17時
★内容 読書、お話し、ピアノ、洗濯たたみ
★対象 小学生、中学生の女の子
★感想、気付き、感じたこと など…
若江さんへの訪問は、台風で施設訪問が中止になったこともあり、かなり間があいてしまいました。
女の子フロアに入らせて頂くと、施設運動会で披露をする、ダンスの練習に夢中の女の子グループと、ダンスをしない数人の女の子が自然に分かれていました。

中でも1番気になったのは、施設に入ってきて間もない、○ちゃんと言う4年生の女の子のことでした。
フロアの隅っこの壁際で、誰とも喋らずに1人で本を読んで、誰に話しかけられても無反応、壁を作っているように感じたからです。

女の子フロアを担当してくれた、他のクルーの博多さん、荒木さんが、ダンスの練習を見に下の階に下りてからは、1人でフロアで本を読んでいる○ちゃんと▲ちゃん、お部屋で電子ピアノの練習をしている、6年生の◆ちゃんと過ごさせてもらいました。

はじめは、○ちゃんと◆ちゃんに、
“一緒に座って良い”?と聞き、3人で読書をしました。

◆ちゃんは、前々回の訪問で、図書館やお買い物に一緒に行かせてもらったことを覚えてくれていて、前より気さくに話してくれました!
去年インフルエンザにかかった時に、フロアにある絵本を全部読んだこと、その中で▲ちゃんのお気に入りの3冊を教えてくれました!

お気に入りの本は…
★しんでくれた 谷川俊太郎
★ぐりとぐらのえんそく
★はっぴぃさん 荒井良二

○ちゃんが教えてくれた、はっぴぃさんと言う絵本は、はっぴぃさんという神様(…のような存在)に、男の子と女の子が願いを叶えて下さい、願いを叶えて下さいとお願いしているお話しで、○ちゃんも願いを叶えてもらいたかったのかな…どんな願いを思ったのかな…など思ってしまいました。

誰が話し掛けても固く閉ざし気味な▲ちゃんと一緒にいると、本当の気持ちはわからないけど、寂しいのが痛いほど伝わってくるようで、たまらない気持ちになりました。