児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

訪問 8月7日
訪問回数  1 回 (同一施設)
13時~15 時
内容 例)公園で遊具遊び、リレー

感想、気付き、感じたこと
初めての訪問で、緊張していたのですが、子どもたちの方から積極的に話しかけてくれたので、すぐ打ち解けることができました。一方で、子どもたちがそう接してくれるのは、子供たちにとって施設に来る大人たちの中で、同じ人がまた来てくれるという期待がないから(ある種の諦めを感じている)なのかなとも感じました。子どもたちが明るく積極的に話しかけてくれるのも、距離感が近いのも、とにかく誰かに無条件に甘えたい、甘えさせてほしいという気持ちの表れでもあるのかなあとも思いました。
期待をしても良い人なんだ、信頼できる、と思ってもらえるようになるために、じっくり向き合っていきたいと思います。
また、先輩ににたくさんフォローして頂いて、施設の職員さんともお話できましたし、子供たちについても少し知ることができました!暑い中新人と二人での訪問は負担だったかと思いますが、本当にありがとうございました!

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

前の記事

ヨーロッパの社会福祉

次の記事

コロナ禍の夏休み