児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

訪問  8月 22日

氏名

訪問回数   初回 (同一施設)

14時~ 15時30分

内容 ボール遊び、シャボン玉、折り紙、工作、色塗り

 

感想、気付き、感じたこと

みんな自ら話しかけてきてくれ、すぐに馴染むことができてよかったです。一方、「一人とだけ遊びたい」と思っている子もいるので、被った時にちゃんとお断りした子のフォローもしていきたいと感じました。
また、持ち物に関して、喧嘩にならないよう初めからルールを決めておくことや、複数のもちこみが必要であると学びました。
一方、一人の女の子の「私はずーっとここで育ってるんや」という言葉が気になりました。明るく接してくれている子供たちですが、心の傷はそう簡単に消えるものではないと感じました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。