企業さまの物品支援

この1年間で様々な企業様から物品提供をしていただきました。
そして有り難いことに、また第2弾、3弾を…と言ってくださる企業様も増えてきています。

施設様から届く職員様やお子さんからのお礼状を見て、
社員様もとても喜んでくださり、ぜひまた支援したいと思っていただけているように思います。

ここから更に物品支援の繋がりだけではなくて、
社員様が施設に訪問したり、会社にお子さんを招待して職場体験などの機会を作っていただいて、
実際にお子さんと関わっていただける人を増やしていけたらと考えています。

コロナもあってなかなかそこまでは進めていませんが、
地域の人が地域の子どもを支える社会をというところを見据えて
今後も様々な場を作っていきたいと改めて思います。

この記事を書いた人

松村 明香
松村 明香
経営企画室所属の新米社員。
1994年生まれ。京都府宇治市出身。趣味はテニス。
次の世代に少しでもいい世界を残すために、地道に頑張ります!

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。