児童養護施設訪問日記・ボランティアクルーからの手紙

訪問  11月14日

訪問回数 0回 (同一施設)10時~ 12時
内容 新聞紙プール、バトミントン

感想、気付き、感じたこと

新聞紙プールで遊びたい子とお手伝いしたい子に分かれる時、お手伝いしたい子のほうが圧倒的に人数が多くて心優しい子が多いと感じた。

〇さんの声掛けでみんな遊びを途中でやめて体操したり、新聞紙を一度プールに入れたりと、しっかりメリハリをつけることが出来ていて施設の人に普段からルールを守るように教育されているのだと感じた。

名前が同じ子がいて、お姉ちゃんやねん!と甘えてくれてすごく可愛かった。

バトミントンで、「こいつ下手くそやから」となかなか自分のラケットを友達に譲らないR君でしたが何回も「順番にしよう」促すと交代して楽しむことが出来ていました。
ラケットを振ったときにたまたま蝶々が当たってしまい、死んでしまったとき優しく端の方によせていました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。

次の記事

企業様のお喜びの声