みらいブログ597 児童養護施設訪問日記

12月28日(土)

訪問回数 10回
時間 13~15時
内容 : 風船遊び、自転車、お絵描き
対象 : 幼児さん

感想、気付き、感じたこと
グンゼさんからの贈り物を子どもたちに渡したいと先生に伝えると 中学生の男の子がわざわざ駆けつけてくれました。照れながらもお礼を言って受け取ってくれたので 嬉しかったです。
今回はクルーが13名と普段より多かったですが、これまでの訪問で1番多いと思うほど 子どもたちも出てきてくれたので、結果 バランスもとれていたかなと思いました。
これまでの訪問で あまり見かけなかった幼児さんも出てきてくれていたので、財団に対しての信頼感がまた少しだけあがったのかな?と思いました。
はじめに幼児さん数名と風船遊びをしました。好きな色を選んで 楽しそうに遊ぶ姿がとても微笑ましかったです。
しばらくすると 双子の男の子たちがでてきたので一緒に行動していました。すごく恥ずかしがりで大人と話すのが苦手ななか、高木さんに風船をもらいにいったり、塚田さんにお絵描きの紙をもらいにいったりと、頑張って話しかけていて 成長を感じました。また、小学生のお兄さんお姉さんが 2人のことをとても気にかけていて、優しさを感じました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。