みらいブログ№12児童養護施設の子供たちとの出会い

施設訪問を通じて

施設長さんや、先生から色々なお話をお聞きする機会をいただき

子供たちと一緒に遊んだりする中で思うことは

子供たちはとても人懐っこいこと

それは人恋しいからだということでした。

あるボランティアクルーが子供から聞いたこと

階段を下りながら、子供が笑いながら「私良く、お母さんに階段からおとされるねん」

でも、子供は自分の親を悪くいうことは決してないらしいです。

どんなことがあっても、されても親は親なんです

18歳になって施設を出た子供たちが結婚するのは早いというのも

家族が欲しくてたまらないからなのでしょうか?

できれば、社会にでるまでに色々なことを学ぶ機会を持ってほしいと思います。

その為にできること、今は少ないけれど

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。