みらいブログ94・ユヌスソーシャルビジネスさんと勉強会を開催いました。

7月19日

九州大学から先生をお招きして、ユヌスソーシャルビジネスさんが行っている

セミナーを開催していただきました。

 

感想:わたしは恥ずかしながらソーシャルビジネスについて全く無知での参加でしたが、今回この公演に参加させて頂きユヌスさんという方の考えやこれまで築いて来られた歩みなどとてもわかりやすく知ることが出来、大変勉強になりました。自分でソーシャルビジネスを始めることはなかなか難しいかもしれませんが、自分でもこれからソーシャルビジネスについて色々調べてみようと思えましたし、また、ソーシャルビジネスをしてるいらっしゃる方のお手伝いが出来れば良いなと思えた貴重な機会になりました。ありがとうございました。

 

感想
わたしは貧困国について興味があり、ソーシャルビジネスが話題となっている今、詳しく学びたいと思い今回参加させて頂きました。大学でもソーシャルビジネスについて学んだことがあり、ソーシャルビジネスは貧困解決にあたりとても効果的であると個人的に思っていましたが、今回の講演に参加し、その思いはさらに強くなりました。もちろん企業の経営のみに力を注がないように注意していくことが必要ですが、グラミン銀行のシステムは、途上国の人々がきちんと自立できるように考えられた画期的なシステムでした。今後は、儲けだけを考えて企業を運営していくのではなく、自社の経営を活性化していきながらも、利他精神をもち社会問題を解決していくような企業が主流になっていくようか気がしました。融資を受けた人のうち、97%が女性であるということがとても驚きでした。やはり女性進出が活発化しており、この結果がさらなる女性進出に繋がってほしいと思いました。ユヌス博士が提言するソーシャルビジネスの7原則というものがあり、その1つに「楽しみながら」という項目があったことがとても素敵だなと感じました。貧困国支援を考えるとどうしても構えてしまうかもしれませんが、楽しみながら実践していくということはとても大切なのではないかと感じました。ユヌス博士は、既成概念にとらわれず、物事を反対の視点からみてグラミン銀行を設立されたそうです。とても印象的でした。貧困解決というとても大きな難しい問題は、今ある既成概念をとっぱらい、利他精神を持って行動していくことで少しずつ改善していくのかなと感じました。
貧困国やソーシャルビジネスについてとても興味があったので、今回このような講演を開催して頂き、嬉しかったです。
貴重な機会をありがとうございました。

DSC09206

 

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。