みらいブログ98施設訪問・夏祭り編

【施設訪問】西成子供の里さんの子供たちと
夏祭りのお手伝いをしてきました。
3日連続で約10名のボランティアが入れ替わりで訪問しました。
昨日今日と二日間夏祭りのお手伝いに関わらせていただきました

感想
昨日は、雨で途中で終わってしまって残念でしたが、今日は19時までお手伝いが出来てとても良かったです。
今回のお手伝いの中で一番感じたことは、地域の繋がりがすごいことです。また、昨日来てくれた子供たちもおり、すごく自然と関われたのかなあと思います

感想
3時間ひたすらお菓子売りをした。
知っている子が2人だけいてどちらにも一瞬忘れられていたけど、数秒後にあだ名と共に思い出してくれた。子どもたちのことを知っていなければより良い支援というのはできないので、知って行くためにこれからたくさん訪問させて頂きたいと思った。
施設付近に住むおじちゃんたちも話掛けて来てくれて、子どもたちのことや地域のお話を聞かせてくれた。施設以外の人と繋がることでも施設貢献に繋がる何かが得られるということを学んだ。

感想、気付き、感じたこと
顔を合わすと子供同士、大人同士
誰とでも名前で呼び合ったりしていて本当に地域一帯が家族のような場所だなと思いました。今回の訪問では子どもたちだけでなく近所に住むお

じちゃんたちとも話す機会がありどのような地域なのかをより感じることができました。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。