みらいブログ103・ボランティアクルーからの手紙

【みらいこども財団・ボランティアクルーからの手紙】
毎週児童養護施設へ通って学習支援をしてくれている
女性ボランティアクルーさんからの嬉しいメッセージです。

支援内容

小学生の勉強補佐

成果
今日伺ったら、自分のお金で市販の参考書を買って勉強していました!
勉強が好きな子ではないので、感激でいっぱいっした!
参考書が一冊終わったらお菓子を買えるそうです(笑)
けれども500円の参考書を買って、終わらせたら500円のお菓子を買える、という流れらしく、
先にお菓子を買わずに参考書を選んだその行動がめちゃくちゃ嬉しかったです!大興奮でした!

子どもが受講する気でいるなら、施設が漢検の費用を負担してくれることも分かったので、動機付けに注力します。

課題
漢検に興味を持ってもらう。
施設の先生方に「漢検を受験できるレベルの子である」ことを認識してもらう。
うまくいってみんなで受験しに行けたら本望です‼︎

その他
自分が介入することで子どもが変化していく様を見ていられるボランティアという形態は、とても有難いです。
今日は本当に大興奮でした!

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。