みらいブログ139「ボランティアクルーからの手紙」

【みらいこども財団・キズナプロジェクト】
ボランティアクルーからの手紙
施設訪問感想シート

月日 2/12(日)
時間 10~13 時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
肩車、だっこ、おんぶ攻撃笑
ちょっとだけ縄跳びとか相撲とか砂遊びとかバスケとか色々

幼児~小学生男女、中学生くらいの女子

感想、気付き、感じたこと
2回目の訪問になりますが、初訪問の時にめっちゃ遊んだ幼児の子達が僕が来るのを楽しみにしてくれてたらしく、会うなり抱きついて来てくれました!
めちゃくちゃ嬉しくて、それだけで感無量になりました笑
そしてお決まりの肩車攻撃笑
前回は僕に寄ってくれる4~5人の子達ばかりと遊んでいたので今回はもう少し全体をみて色んな子と遊びたいと思ってました。
なので肩車もそこそこにして、もう終わりね。と言って少し他の子と違う遊びをしました。
でも正直僕のことを「きくちゃん」と言ってくれて、寄って来てくれる子は可愛いものです。
気になって何してるのかな?って見ると違う遊びをしてました。
そしたらなんだか寂しくなって、僕からまた肩車しよ~。って言いました笑
少ない訪問で折角僕のことを楽しみにしてくれてたので、特定の4~5人の子達と遊ぶのもそれはそれでありかな?と思いました。
でも色んな子と遊びたいという気持ちもあって、ちょっとだけ難しかったです
まぁ僕は僕らしく、あまり考えないで自然体でいいかなと思いました。
最後はみんなが「絶対また来てね!」と瞳をキラキラさせながら言ってくれたので、絶対裏切りたくないと強く思いました。
僕は色々な施設さんに訪問させてもらって、今回は全体をみたいとか調子にのってしまった。僕に寄ってくれる子達に集中してもよかったかも?わからんけど
訪問回数を重ねると自然と色んな子とふれあえるはず。やっぱり継続して訪問すること!
と思いました

課題
出来ればいっぺんに4~5人の子達を肩車やおんぶしたい
対策
それは無理

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。