みらいブログ140 「ボランティアクルーからの手紙」

【ボランティアクルーからの手紙】
施設訪問感想シート
2月19日
訪問回数16回
時間9 ~12 時
内容 洗濯物、公園、カラーバルーン

感想、気付き、感じたこと
久しぶりの訪問だったのですごくテンション高めに行ってしまったのですが年末の連続した訪問の時より小学生の子たちとは距離がある気がしました。
○ちゃんとは初対面だったのですが照れながら自己紹介をしてくれてかわいかったです。
洗濯物を畳んだあと、幼児さんたちと公園に行きました。この日は1人遊びが多くて、みんなお姉ちゃんこっち来てと呼んでくれるのですがばらばらの場所でなかなか全てに対応はしきれず、誰かを待たせる状況を何度か作ってしまい申し訳なかったです。1人1人が動き回るので広い視野で見とかないといけないなと思いました。
帰り際持って来た遊具をチェックしているとボールを1つなくしてしまいました。公園の端から端まで探したのですが見つからず、片付けの声かけやよく見ておけばよかったなと思いました。貴重な遊び道具をなくしてしまって本当に申し訳なかったです。
1人遊びじゃない時は順番で揉めそうになるものの、比較的仲良く遊べていました。▽ちゃんと一緒に遊んでる時に頑張った時に褒めるとドヤ顔を連発してくれてそのドヤ顔がすごくかわいかったです。
公園から帰ってきて小学生の子とカラーバルーンをしました。
前回と前々回すごく好評だったのですが今回は飽きている子もいて持っていく遊びも工夫が必要だな痛感しました。
ですが◆ちゃんすごく気に入ってくれて救われた気持ちになりました。嬉しかったです。
特に◆ちゃんとはカラーバルーンのおかげで前よりぐっと仲良くなれた気がします。
○ちゃんがヘアアレンジをしてくれた時に髪の毛の長さの話から就職の話になって、じゃあもうみらいこども財団でこおえへんの!?嫌や!と結構強めに言われて驚きましたがものすごく嬉しかったです。昼からは友達と遊びに行くと嬉しそうに教えてくれて、遊んでくれてる内が華だなとしみじみ思いました。帰り際に■先生がすごく助かってますと仰って下さってすごく嬉しかったです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。