みらいブログ163・5月27日は西成と天王寺の児童養護施設さんに訪問しました。

5月27日児童養護施設訪問

本日は西成と天王寺へ訪問しました!
 
子どもと遊んだ後は、〇〇先生に質疑応答のお時間を頂きました。印象的だった事は、核(親からもらった愛情)がないと、その後どれだけ人に優しくしてもらっても人を信用することができないという事でした。しかし、その核は必ずしも親でなくても良いという事です。施設にいる間に先生を1人でも心から信用する事ができれば、その先生との繋がりが核になるのだと。しかも、その先生とずっと一緒にいれなくても、数ヶ月でも数年でも先生との繋がりができれば、それが核になるんだと教えて頂きました。
 
課題
子ども達は工作が好きな子が多いので、工作中心の遊びを考えていきたい。
〇〇先生のお話を聞いて、親でも先生でもない私達に出来る事はなんだろうと改めて考えさせられました。ただ1つ言
える事はまた来るねが最後にならないように、私達の存在が子どもにとって悲しい思い出で終わらないようにしていきたいと改めて思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。