みらいブログ165・5月28日施設訪問

施設訪問感想シート

内容幼児さんとボウリングやシャボン玉など
対象幼児さん
感想、気付き、感じたこと
初回で緊張してましたが、幼児さんが自分から声をかけてくれて自分も一緒になり、楽しく遊べました。

先生たちが、一人一人の特徴を理解し接していたことやわかりやすい表現で説明していて、幼児さんたちが

自分で今何をしないといけないか気付けていて、先生すごいなと思いました。
気付きとしては、先生たちが叱るところは叱っていたり全体を見渡し安全に目を配っていて、

私は幼児さんと遊びに夢中になってしまっていたので、視野を広くもつことが大切だなと感じました。

あとは、幼児さんたちが皆笑顔でひとなつっこく遊んでくれたけど、帰り際にはばいばいしてくれる子以外にも

そっけない子など、幼児さんたちの中にもいろんな想いや経験があるのかなと思いました。
課題としては、幼児さんたちが自ら寄ってきてくれたように、自分から声をかけれるよう、施設訪問でも仕事でも(笑)、

大切にしていきます。そして、楽しく遊びながらも俯瞰的な視点を持ち安全に配慮すること、子どもたちがわかりやすい

言葉で伝えることを大切にしていきます。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。