みらいブログ186・教育プロジェクト報告

ツナガル 教育プロジェクト
訪問日時 7月 21日(金) 19時 ~ 20時

対象生徒 高校2年生・小学6年生 (男子)
到達目標 30分間 集中する。
教育内容
科目: 高2:英語(教科書や学校ワークで文法の確認)
小6:算数(相似な図形・分数の計算)

今日は、担当の生徒が塾の夏期講習を入れていたため不在だったので、代わりに30分ずつ二人の子を担当させてもらいました。

生徒が成長したと思えること
高2の男の子は、前回も担当させてもらいました。今回は、夏休みの宿題を進めていたので、その確認をしました。前回渡したまとめメモを基に自分でもノートにまとめてくれていたようで、宿題もそれを見ながら、ほとんど自分の力で解けていました。その後、テストを作って解いてもらいましたが、前回学習した文法を使って文を作れており、復習してくれていたんだなと嬉しくなりました。
小6の男の子は、初めて担当させてもらいました。算数のドリルを進めていきましたが、どこが得意でどこが苦手なのか自分で把握しており、質問をたくさんしてくれました。また、時間が近づいてくると、「まだ勉強したい!いやや」と言い、「ここまでは見てほしい」とさらに2ページほど頑張ってくれました。

 

今回の訪問を振り返って評価をつけるとしたら 10点満点中 10点
2人とも たくさん質問をしながら集中して30分間取り組んだから。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。