189・みらいブログ・教育プロジェクト報告

私は小学5年生の男の子を担当しています。
男の子は様々な事情があり、初回の時は会話できず目も合わせてくれませんでした。
それから1ヶ月がたち、4回目が終わりました。
短冊に「算数をがんばる」と書いてあるのを見つけ、こちらも頑張らなくてはという気持ちになりました。
毎回、苦手な小数のわり算プリントを自分の意思でやりたいところから取り組み、
間違えたら何度も消してやり直す姿を見ています。
この子はどんなことがあっても自分の課題に立ち向かっていける子だなと感じています。
4回目には国語のプリントにも取り組みました。
対象の子どもは読解や文章問題に課題があります。
私は本屋さんで一時間ぐらい悩んで見つけた参考書の問題に楽しく取り組んでくれました。
さらに、4回目の時はいつもお話はしないのに、今日の出来事をたくさん教えてくれました。
毎週行くのがとても楽しみです。
これからもご支援よろしくお願いします(^^)

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。