ボランティアレポート⑦:施設の退所

以前過去のボランティアレポートにも記載したことがありますが、児童養護施設には20歳までいることが出来ます。

しかしほとんどの子どもたちは、高校を卒業すると同時に退所するそうです。

その後は、自分の力だけで生きていかなくてはなりません。

また、20歳に満たなくても退所をしていく子どもたちもいます。

代表的な理由としては、両親の元へ帰る、もしくは他の福祉施設へと移る、ということがあげられます。

実際訪問の際にも、前に一緒に遊んだ子どもが退所していたり、逆に新しく入所した子どもがいたりと、そこそこ入れ替わりはあるようです。

みらいこども財団との関わりを楽しい思い出として子どもたちの中に残せらように、これからも頑張りたいと思います。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。