200・みらいブログ【ボランティアクルーからの手紙】

8月26日

訪問回数 2回
時間 13~15時
内容 アウト鬼、ケイドロ

感想、気付き、感じたこと
訪問してすぐは、グラウンドに出ている子供たちが少なく大丈夫かと不安になりました。
しかし、前回の訪問の時にもいた子が遊んでおり、その子たちが覚えていてくれて嬉しかったです。
その子たちも含めた、小学生の女の子でアウト鬼をしました。
遊具内の移動が子供たちは速く、クルーはなかなか追いつけませんでしたが、それでも楽しく遊んでくれました。
次第に休憩をする子が出ると、次はトカゲに子供たちは夢中でした。トカゲを捕りに行く子もいましたが、
行かない子たちはケイドロをしました。ケイドロは全力で走ったのでとても疲れましたが、
何度も行うほど子供たちは楽しんでくれましたし、私自身もとても楽しめたので良かったです。
集合写真を撮る際に、○ちゃんと△ちゃんはクルーが笑顔になるように撮ってくれました。
2人とはケイドロの中で少し話したぐらいでしたが、帰る際に「写真撮る時めっちゃ良かった!」と言うと、
「ありがとう〜」と気さくに返してくれ、一番最後を歩いていた私が角を曲がるまで手を振ってくれて
嬉しかったです。
訪問では幼児さんや低学年の子と接することが多いのですが、高学年の子達とももっと話してみたいと思いました。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。