202・教育プロジェクト報告

ご支援いただきありがとうございます。
私は小学5年生の男の子を担当しています。
7回目が終わり、対象の子どもがリラックスして取り組めるようになりました。
信頼関係も築けてきたと思います!夏休み中のこともたくさん話をしてくれるようになりました。

苦手だった小数のわり算も式を正しく立てられるようになり、
小数点の移動もスムーズにできるようになりました。
図形の問題に苦手意識を持っていて、なかなか取り組むことができなかったのですが、
6回目の最後に時間が余ったのでタングラムをしました。
タングラムというのは、図形を組み合わせて動物などの形を作るパズルで、集中力、想像力、思考力を育てることができます。
最初は、絶対無理!できへん!を連発していたのですが、一緒にやりながら一つ完成できると、とても嬉しそうでした!
7回目も初めにタングラムをしたいと言ってきたので、時間を決めて取り組みました。
これは、こうか!と口に出しながら挑戦し、10個完成することができました。
その後、図形の問題にスムーズに取り組むことができ、丁寧に綺麗に図形を書くことができました。

そして、なんとタングラムを宿題でしてくると言い出しました…!
対象の子どもはとっても素直です。ただ素直すぎるので無理させてはいけないと思い、今まで宿題は出しませんでした。
しかし、自ら宿題をやりたいと言ってきたのはとても嬉しかったです。
頑張ろうとしている気持ちをめいいっぱい支えていきます!!
これからもよろしくお願いします!

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。