207みらいブログ・勉強会報告①

内容 島田妙子さんによる『幸せって何だっけ〜人にも自分にもあたらない社会を目指して〜』

「感想・気づき」
島田さんが経験されてきたことは私の想像を超えるほど厳しいもので、何度も心が揺さぶられました。今回お話を聞いて、人との出会いによって自分の人生は変わること、そしてどんなに辛くても心に余裕を持つことの大切さを強く感じました。
島田さんはマッハ先生との出会いで人生が変わっていったことから、どんな状況でも手を差し伸べてくれる人がいることを実感しました。そのような人に出会うためには自分自信も諦めないことが大切だと思います。どんな時も人との出会いを大切にしたい、そして1人の人に影響を与えられるような人になりたいと思いました。
島田さんは現在、お母様を介護されているとお聞きし、とても驚きました。私が島田さんならと考えると、そのような選択肢を選ぶことがないと思いました。お母様を介護されることで大変なことや、昔を思い出すこともあったかもしれません。でも、いつまでも昔のことを思うよりも、心の余裕を持ち、お母様を受け入れていくことが新たな一歩になるんだなと強く感じました。人生を生きていくためには、心の余裕を持ち受け入れることが大切だと学ばさせていただきました。
この2点だけではなく、他にも多くのことを気づかせていただいた時間でした。

「新たな課題や実践したいこと」
ストレスを抜くこと。
ストレスは、その物事が解決しないと消えないものと思っていたので、ストレスを抜くという発想がとても新鮮でした。そのなかでも、付箋に貼って気にしなくなったら付箋を捨てる訓練が可視化されててとてもいいなと思いました。早速実践し、うまくストレスと向き合えるようになれたらなと思います。
今回お話を聞いて、ストレスや自分の感情にうまく向き合い、自分の足でしっかりとたてるようになっていきたいと思いました。子どもたちと向き合っていくなかで、今すぐに子どもたちに影響を与えられるようになることは難しいと思いますが、ブレない心を持っているという姿勢を子どもたちに感じて貰えるように頑張っていきたいです。

「島田さんへのメッセージ」
貴重なお話ありがとうございました。島田さんのお話を聞くことができ、新たな気づきがたくさんあり、自分を改めて見直すきっかけにもなりました。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。