221・施設訪問・ボランティアクルーからの手紙

月日 10月22日

訪問回数 7回
時間 10~12時
内容 おにご、かくれんぼ、折り紙

感想、気付き、感じたこと
はじめ幼児さんとだったけど、あまり遊ぶ機会が無く、小学生に比べて関わるのが難しいなと思った。
どんな遊びをしたら良いのか、遊んでいてもすぐにどこかへ行ってしまうし、遊び方がよくわからない。やっぱり慣れが必要なのかなと思った
小学生は毎回遊んでいて、今回は○くん、△ちゃんと3人でおにごをしたり、かくれんぼしたりした。
○くんは会うとすぐに話しかけてきてくれて、何して遊ぼ〜?と一緒に考えたりしていた。
手つないだり膝の上のってきたりめっちゃくっついてくる子なんだなと思った。
◆ちゃんとも久しぶりに喋れてよかった。他の子からドッジボールしよと言われても一緒にできなかったのが残念。同時に遊ぶのが難しいからどうしたらいいのかなと悩んだ。

前回の訪問に比べてできたこと、できなかったこと
2時間でいろんな子と関わるのが難しい。体育館だけだと、ひとりの子に付きっきりで偏ってしまう。

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。