224・施設訪問アルバイト・ボランティアクルー

10/17 17-21

感想・対策、課題など

今日は幼児さんのユニットでした。
入ってすぐ、○ちゃんと△ちゃんが名前を覚えてくれていて嬉しかったです。
△ちゃんはお熱で幼稚園を休んでいたみたいですがすっかり元気になっていて、布団にいてもらうのが
大変でした。
◆くんがあちこち走り回るのを見守っていたんですが、傷跡がかゆいらしく靴下を何度も脱いでしまい、履かせようとすると癇癪を起こすので大変でした。
結局手にアンパンマンのぬいぐるみを持たせて、仮面ライダーに夢中になっている間に靴下を履かせることに成功しました。
他にも首や手首などかゆがっていました。
晩御飯は豚のしょうが焼きで、みんな嬉しそうに食べていましたが、◎くんはなかなか食べてくれず、
結局△兄ちゃんが食事をさげてしまいました。
そのあとちゃっかりヨーグルトはもらって食べていました。▲くんは苦手なトマトもちゃんと完食していました。
食後、お風呂にみんなが入っている間に洗い物をしましたが、コップを洗うのが遅くなってしまい、渡したコップを■くんに「あちち」と言われてしまったので以後気をつけます。
寝るときは◎ちゃんをとんとんしました。◆ちゃんは比較的すぐ寝てくれたんですが、△ちゃんはなかなか寝てくれず苦労しました。結局8:45くらいまでかかってしまいました。
残りの時間は◆兄ちゃんとお話しました。○くんは言っていることがわからない時があったり、言えるのに言えないふりをしている時があったりして難しいそうです。
また、小学生男子がパンパンで、高学年の男子は中高生ユニットに移ることになったと聞きました。
小学生女子も、□ちゃんが一人部屋になったので、ちゃんと寝れるかなぁと心配していました。
ユニット制になったぶん、会わないことが増えた職員さんたちもみんなそれぞれ子供たちのことを気にかけているんだなと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。