228・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

訪問回数 初訪問
時間 14~16時
内容 風船、カラーバルーン、大縄

感想、気付き、感じたこと
今回が初訪問で、前回名前を教えてくれなかったと聞いていたので内心ドキドキしながら子どもたちに会いました。
最初は男の子がボールで遊んでおり、こちらに投げてきてくれたので遊びたいという気持ちが伝わってきました。
クルーさんの持ってきた荷物に興味津々で風船、カラーバルーン、シャボン玉が大人気でした。
子どもたちは夢中になりすぎて、できなかったり、できたカラーバルーンを触られると強い口調や悪い言葉遣いをすることが気になりました。
カラーバルーンをしていた○ちゃんが私に「頑張ってカラーバルーン作るわ。あのクルーさんに出来たところ見せてびっくりさすねん」
と言ってくれて、一生懸命作っていたのですが結局作れず、見せることはできなかったのですが
クルーさんに見せるために頑張っている姿が見れました。
■ちゃんもカラーバルーンをたくさん作って私の上に乗せていたのですが、子どもたちが「誰がつくったん?」と興味を持つと「触らんといて!」と怒り「こんなに作ったのに、全然すごいって言ってくれへん」
と言っていました。
○ちゃんも■ちゃんも褒めてほしいという気持ちが強いんだなぁと感じました。
全体的な私の印象として、子どもたちと凄く目が合うなと感じました。
私もなるべくどんな子どもたちがいて、どんな表情で遊んでくれているのか見るようにしているのですが、子どもたちの方もどんな人が来ているのか、この人はどんなことを言ってくれるのか気になっているのかなと感じました。

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。