235・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

【みらいこども財団・ボランティアクルーからの手紙】
12月10日

訪問回数 2回
時間 13時 〜 16時
内容 外でおにごっこなどの遊び

対象 小学生

感想、気付き、感じたこと
ブルゾンちえみのモノマネでこどもの心を掴むことは出来ましたが、踏み込んだ話は一人も出来ませんでした。小学生のこどもたちと初めて遊ばせていただきましたが、前回体験した幼児さんとは全く関わり方が違い、少し難しかったです。
課題
みんなで楽しみながらも、一人とゆっくり話せる時間ももてるようにして、こどもとの距離を縮めたいです。
対策
学校で流行ってることなど、積極的に聞いて会話をする。

疑問
仲間を傷つける発言や行動をとっているこどもに対して、どう対応をとるべきか、とても訪問中に迷いました。でも、ひとりの男性クルーが優しく何度か指摘して、こどもがその行動をやめた時に、すごいなぁ…と感心しました。こどものために、ちゃんと言ったほうが良いことを分かりやすく伝えられるよう、私もがんばります。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。