239・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

12月17日
訪問回数7回目
時間 14~17時
内容
クリスマス会のお礼メッセージ、新聞紙『全員のっていられるか?』、新聞紙『新聞紙タワーNo.1』、『いつ・どこで・だれが・何をしたゲーム』、絵本読み聞かせ

感想、気付き、感じたこと
自己紹介の時に前日のクリスマス会でちゃんと見ていたことを伝えられた。
小学生女子が昨日のクリスマス会の出し物のダンスの熱が冷めないようで、遊びまわりたそうだった。
以前までは工作を子供達各々で作って終わっていたが、子供同士協力し合う遊びが今回あり、協力することの大事さを子供達に感じ取って貰えたかもしれない。
具体的な内容としては、タワーの高さなど数値で競い合った。
手を叩いて、司会に注目させるよう、身振りを交え子供達に意識させるよう促した。
時間制限をして、その時間を意識させるようにし、時間間隔を養わせるようにした。
今日のスケジュールを子供達に予め伝えることでメリハリが付いた
子供達が知っているゲームでも、実際やってみると凄く楽しんでくれた。職員さんもその様子を見て、感心されたように見えた。
新聞紙ゲームで盛り上がった後、静かに読み聞かせを子供達が聞いていたのに驚いた。
読み聞かせをにも慣れてくれてきてくれているのかなと思った。
使う材料を絞って遊んだので、無駄遣いが減った。また、子供の創造力も刺激されたと思う。チーム分けをして、それぞれクルーを配置したので、密なコミュニケーションが取れていた。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。