243・教育プロジェクト12月の報告

ご支援いただきありがとうございます。
私は小学5年生の男の子を担当しています。
前回で20回目の訪問でした!一枚のプリントの問題数を減らして、何枚もこなせるように工夫しました。そのため、時間内でどれだけできるか挑戦しながら、意欲的に取り組んでいます。また、タングラム(パズル)のレベルも上がり、図形をよく見ながら、時には書きながら、じっくり考えられるようになりました。学校では図形の問題が得意になったそうです。

私は、初回からオリジナルの振り返りシートを作っています。「今日の目標」「今日がんばったこと」「感想」「コメント」の欄を作り、下にはその子が大好きなキャラクターの絵を描いています。主にドラゴンボールの絵を描くのですが、たまにモンストの難しい絵を頼まれることもあり、大変な時もありますが、その子が大事にファイルに綴じている姿を見ているととても嬉しいです。

以前にも紹介しましたが、この子はうれしい感情を素直に出したりしません。
でも、先生の話によると、今日はこんなに頑張って、こんな絵を描いてもらったとうれしいそうに報告するそうです。
その子は自分だけの特別な先生と言っているそうで、勉強の時間が◯◯くんにとってとても大切な時間になっていると言っていただきました。
これからも、頑張っていきますのでご支援よろしくお願い致します。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。