244・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

日時:平成30年1月13日

訪問回数:初
時間:13時~15時
内容:ドッジ、バスケ、サッカー
対象:小学生、中学生、高校生
感想、気づき、感じたこと
今回僕自身初めての施設訪問であり、不安が大きかったですが、子どもの方からかかわってくれて、楽しく接することができました。

ただ、自分の気持ちに躊躇があったことも事実なのでもっと積極的に関わっていこうと思いました。

また、楽しい時間を過ごすということはとても大事なことですが、子ども達が施設を出たあとも生きていくチカラをつけてもらおうとすると、楽しい時間を過ごすことだけではいけないと思いま した。

まずは何回も訪問を重ね、信頼関係を築かないといけないと思いました。
信頼関係ができれば、こっちが同じことを発言しても、少しでも聞いてもらえるのなと思います。
次回以降も訪問を続け、子ども達の名前も覚え、いろいろ話をしていくところから始めたいです。

課題
・楽しい時間だけを過ごすのではなく、楽しい時間を共有しながら、いかに信頼関係を築いていくか。

対策
・遊んでいる時もできる限り会話 を行う。
・自分のことも積極的に話す。
・子どもの名前を覚え、子ども達が言った内容を覚えておく。
・継続的な施設訪問。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。