246・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

1月21日
訪問回数 8回
時間 14~ 17時
内容 トランプかるた、福笑い、ドッジボール、ぶらんこ

感想、気付き、感じたこと
今回はゲームでグループ分けをしたので、今まではあまり話したことのない子どもたちとも関わることができました。
トランプかるたでは、幼児さんが数字やマークなどが分からず難しそうにしていました。
準備段階では気付かなかったことなのでなるほど、、と子どもたちの段階を知ることができました。
しかし、だんだんとカードがわかってきて、とても楽しそうにカードをとっている姿を見て安心しました。
お互いに声をかけ合ったり、手が重なった時には優しく譲り合ったりしている姿が印象的でした。
福笑いでは、思い思いの顔を作っていました。
幼児さんですが、ハサミを使って小さな丸を上手に切っており、驚きました。
また、のりを借りた時には、「ありがとう」と言いに行ったり、友達のを見て「いいね」と言ったりと、子どもたちの温かさを感じました。
その後の片付けは、今までは時間がかかってしまったりクルーが主に行ったりしていましたが、子どもたちを含めみんなで協力してパッとすることができたので良かったです。
外遊びではドッジボールをしましたが、子どもたちの投げるボールの早さに驚きました。
もうすぐドッジボール大会があるため、練習を頑張っているそうです。
帰りには、よく話をする子どもが声をかけてくれました。
今回はあまり話すことが出来ませんでしたが、最後に「次いつくる?また来てね」と声をかけてくれ、とても嬉しかったです。
これからも継続訪問をして、子どもたちと関係を築き、支えになりたいと思いました。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。