258・みらいブログ

2月10日

訪問回数 5回
時間 14時~ 17時
内容 都道府県カルタ、トランプ、風船、だるまさんがころんだ、会話など

感想、気付き、感じたこと
・まず始めにこどもが入り口まで迎えに来てくれてたのと、○先生から、午前中からいつくるの?と何度も聞いてきてくれた子がいたと聞けたのが、すごくすごく嬉しかったです(^^)初っぱなから充たされてしまいました笑
・今回は初のずっと雨の日でした。こどもの数も少なく、一人一人の子としっかり向き合えました。
小学校高学年~中学生の子とも少しずつ遊んだり、普通に会話したりできるようになってきて、受け入れられ始めてるんだなと凄く嬉しくなりました(*^^*)
・○先生は、いつも日との眼をみながら、どんな質問にも丁寧に優しく、そして芯を持ってお答えになられるので、凄く尊敬できるなと思いました。
・少しずつ、○先生や他の施設の先生たちにも信頼して貰えている気がするので、しっかりと期待に応えて行きたいなと思います(*^^*)
・先生への質問の中で喧嘩やいじめに対する質問がありました。それぞれの意見を別々にしっかりと聞き、どちらが悪いなど否定することなく、受け止めてあげるというお話がありました。こども同士、こどもとボランティアクルー間、様々な間で起こる諍いも、貴重な感情の機微だと優しく受け止めて行きたいなと思いました(*^^*)
・日曜日は幼稚園や保育園に通っている子がホームにいるそうなので、次回は日曜日訪問がいいなと思います!そして俺もホーム行ってみたい!

課題
・大勢のこどもがいるなかで、遊びに来てくれるメンバーは固定であり、新しい子が増えないこと。(固定がつくことは嬉しいことではありますが。)

理由
・こどもが安定していて、クルーを必要としていないのであればそれは喜ばしいことであるが、一歩踏み出せない子、内在している子がいるのではないかと考えるため。

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。