267・みらいブログ【ボランティアクルーからの手紙】

2月17日
訪問回数 5回
時間 14時~ 16時
内容 シャボン玉、砂場遊び、ドッジボール、バルーン、勉強をみる

対象 小学生~高校生

感想、気付き、感じたこと
・最初は訪問してすぐ遊びに参加させてくれた子ども達と砂場で遊びました。久々に童心に帰って土をいじるのはすごく楽しかったです(^^)
・その後は中学生の女の子たちが中心になってしているドッジボールに参加させて頂きました。子どもたちや他のクルーの色んな側面が見れ、職員さんとも仲良く交流出来たのですごく楽しかったです(^^)
・最後の一時間ほどは食堂で勉強していた中学生の理科をみてました。理科は好きだけど数学が苦手で、計算が出来ないという子でした。出来ないというより苦手意識が人一倍強く、頑張れていないように見えました。前の試験では頑張ったけど全然駄目だったと言ってました。声かけだけでは不十分だし、その子にあったやり方をしっかりと探してあげられるような寄り添った支援出来たらきっと違うのかなと思いました(^^)
・帰りがけに繋いできたこどもの手はすごく小さく冷たくて、
改めてしっかりできることから子ども達を、どこか精神的な所で支えていきたいと思いました。

課題
・学習支援の方法
・月一の訪問の中でも出来ることを探していきたい。

 

 

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。