278・みらいブログ・ボランティアクルーからの手紙

施設訪問感想シート
3月17日

訪問回数1回
時間 13時~16時
内容
バスケ、鬼ごっこ、おんぶ、お悩み相談
対象
小学生〜高校生

感想、気付き、感じたこと
自分の所有物であるボールを勝手に使われたとして、小学校低学年ぐらいの子供たちが喧嘩をしていた。
止めに入ろうかと思った瞬間に中学生の子が「ごめんな、知らんかってん!」と謝りながら仲裁に入っていた事や、自分の練習をしながらきちんと年下の子に指導をしてあげているのを見て、やはりある程度の年齢になると下の子たちを見てあげているんだなと感心しました。
遊びに関してはあまり出来ることが無かったので、雑談をしている中高生に混ざって思春期ならではの悩みや、家庭の悩み、施設の悩み色々と教えてもらいました。自分にもこんな時期があったな〜と思いつつ下手なアドバイスより自分自身の体験談を話してきました!やはり何事も自分自身で考える力も必要ですよね。。
次回会う時にまた話してくれると言っていたので行くのが楽しみです♪

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。