282・みらいブログ・教育プロジェクト

 

【ボランティアクルーから支援者の皆様へのメッセージ】

いつもご支援いただきありがとうございます。
私は小学5年生の男の子を担当しています。32回目の訪問が終わりました。職員さんにも信頼してもらい、心理士の方とお話しする機会もいただきました。

本来ボランティアというのは、外部の人間であり個人的なことは一切教えてもらえません。そのため、手探りで関わっていきます。これは、どの業界でも同じだと思っています。
しかし、今回心理士さんとお話しすることで、施設さんと同じ方向に向かって支援ができることになりました。より担当の子どもを理解でき、どんな関わり方がいいのか改めて考える機会となりました。

本当に担当の子どもがかわいくて…。毎日その子のことを考えています。
4月は新社会人として頑張るために一カ月間お休みをいただき、5月から再開することになりました。まずは自分の仕事ができるように頑張ります。

この前、同じ部屋の男の子に「僕も勉強する! 勉強したい! なんで〇〇くんだけなん?」と必死な目で泣きそうになりながら伝えてきました。そのまなざしに胸が締め付けられそうでした。個々関わりを求め、つながりたい子ども達はたくさんいます。
もっと仲間を増やしていかなければ! そう決意した瞬間でした。

 

——————————–
【みらいこども財団HP】

トップ


◆子供たちへの寄付・支援・サポーター会員登録はこちら

活動に参加する


———————————————————————
・SoftBankのスマホからご利用料金とまとめて寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp…
・どなたでも可能 クレジットカードで寄付
https://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/careerSelect.jsp…
——————————————————————–
ヤフー募金・あなたのTポイントで募金ができます。↓をクリック
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5143001/
——————————–

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。