みらいブログ300・ボランティアクルーからの手紙

施設訪問感想シート
6月9日
訪問回数9 回
時間 14~17時
内容 一輪車補助、ドッジボール、サッカー
対象 小学生と中学生
感想、気付き、感じたこと
●先生にゆっくりお話しを聞かせて頂き、また、◆さんが一つ一つ疑問に思っていた事の確認をして下さり、とても充実した時間を過ごせました。
その中でも、「今まで継続してくれるボランティアが居なかった」「子どもたちが変わってきた」と、話されていたのが特に記憶に残りました。
子どもたちは絶え間なく訪れる実習生とか、沢山の大人達との出会いがあります。人なつこかったりする反面、別れ際、やけに聞き分けがいいです。
それはどこか、諦めがあったりするのではないかなぁと思います。
人と人の繋がりやまたねって言う言葉を信頼しても大丈夫なんだということを、継続訪問させて頂く事で、ほんの少しでいいから子どもたちに感じてもらえるよう、子どもたちを裏切らないよう、訪問を続けさせて頂きたいと強く思いました。
久しぶりの小学生と中学生、●生も交えての体を動かした遊びは、とても疲れましたが、その何倍も楽しかったし、子どもたちとの距離が近く感じました。
風船課題
なかなか名前を覚えられない
風船対策
何回も名前を呼んで覚えていく。記憶が新しいうちに記録する。
風船前回の訪問に比べてできたこと、できなかったこと
訪問前に◆さんや他のクルーとお話し出来た
風船その他なんでも
みなさんのおかげでとっても楽しい訪問となりました。
ありがとうございました!!
また是非ご一緒させて下さいね。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。