305・みらいブログ【ボランティアクルーからの手紙】

施設訪問感想シート
6月17日

訪問回数 1回目
時間 14~17時
内容 校庭内遊具遊び(ぶらんこ、滑り台、ジャングルジムなど)キャタピラ作り

感想、気付き、感じたこと
初対面なので校庭へ移動するとき手を繋いでもらえなかったが、側溝のアメンボやおにやんまの話に少しずつ入っていくと子どもの方から学校で育てているサツマイモの話などしてくれるようになった。
校庭ではドッチボールに参加せずぶらんこで遊んでいる小学1年生2名と遊んだ。スイミングに2人で一緒に歩いて通ってること、1年3組で同じクラスなこと、小学1年生はもうお兄さんだから子供ではないことなどたくさんお話しとても楽しかった
。話しながら立ちこぎや腹ばい乗りなど色々挑戦し、遊びが激しくなってくると自分たちでこれ以上は危ない、先生に怒られるかもとやめていたのでさすがお兄ちゃんと感心しながら見ていた。
これ登るから見てて!と大きな脚立のような遊具に登ったが上まで行くと恐いと泣き出してしまった。そばにつき足と手を交互に下の棒へ移動させるよう声をかけると何とか自分で降りることが出来た。まだまだやりたい気持ちが先走ってしまうので、そばについて介助しながら一人で出来るよう見守っていきたい。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。