314・みらいブログ・【ボランティアクルーからの手紙】

訪問回数 2回目
時間 14時~ 16時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
鬼ごっこ、うんてい、お喋り

対象 例)○○ちゃん、△君など

感想、気付き、感じたこと
今回は2回目の訪問とゆーことで覚えてくれているか楽しみにしながら参加したのですが、顔や名前を覚えてくれていたのが嬉しかったです。また、以前遊んだ子たちの名前や、その子たちから聞いた話しを思い出したり、中学生たちが好きと言っていた、BTSなどについては調べたりして事前に準備もできたこで、同じ施設への訪問はやはりいいなと思いました。
前回の反省ゎいかし、今回は遊んだ子たちの名前をメモできたのでよかったです。
中庭が広くはないので、やはり転んだりぶつかったりが心配でした。
また、コンクリートのところではキックボードをしてはいけないなど、知らないルールがあったので、色々な禁止事項が事前に分かるとありがたいなと思いました。
また、中学生と話す中で勉強を教えてほしいと、部屋の中へ連れていかれそうなになったのですが、入ってはいけないだろうと、雑談をしてその場は終わったのですが、改めてどこまでをしてあげていいのか難しいなと思いました。

今回訪問の課題・目標は?
今回は、前遊んだ子たちとまた遊んで関係性を再度つくるつもりだったのですぎ、次回は1人の子へ目を向けることを意識しようと思います。
職員さんとの会話があまりできなかったので、次回はもう少し話せたらと思います。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。