331・みらいこども財団・施設訪問日記

訪問回数 6回目
時間 14~16時
内容 プール遊びの付き添い、カラーバルーン、シャボン玉
感想、気付き、感じたこと
最初は、小学生達はほとんどプールに入っているということだったので、プールの方に行きました。子どもたちは凄く楽しそうだったし、気持ちよさそうでした。
プールの後はいつもの所で遊びました。プールの後ということもあり、いつもよりも子どもたちの数は少なめでした。今までは走り回ったりして遊ぶことが多かったですが、暑いこともあり、座ってカラーバルーンや折り紙などをして遊ぶ子がほとんどでした。
大きく作れたカラーバルーンで遊んでいたのが、取れない所まで風で飛ばされていってしまい、拗ねた様子で、どうしようかなと思っていましたが、少しすると、新しいカラーバルーン作りを熱中してやっていたので安心しました。
カラーバルーンやシャボン玉を、他の子がやめても、大きいものができるまで、物がなくなるまでずっとやっていた子がいて、集中力が凄いなと思いました。
最後、後片付けの時にけんかが起きてしまいました。
階段の所で、名前が分からないのですが、男の子が○くんを押して、持っていたシャボン玉の液が全部こぼれてしまったようでした。その子が○くんを押すまでの過程などがあまり分からなかったこともあり、上手く対応することができませんでした。職員さんが対応してくださったこともあり、帰るまでに仲直りすることができました。なるべくけんかが起こらないように目を配ったり、けんかが起こってしまった時に対応できるようにしていきたいなと思いました。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。