336・みらいブログ・児童養護施設訪問日記

8/12
訪問回数 7回
時間 13~15時
内容ドッジボール、シャボン玉、お喋り

対象 小学生

感想、気付き、感じたこと

お盆ということもあって子供たちの様子が気になりつつの訪問でしたが、あまりいつもと変わりがないように感じたので少し安心しました。今回の訪問では日陰で涼んでいる女の子たちとお話をしました。今まではゆっくりお話することが無かったので、普通にお話することも大事だと再認識しました。夏休みの宿題の話題などを何度も振ってしまい、少しだけ機嫌を損ねてしまったりもしましたが、仲良くなれたと感じました。次も訪問するからねと声をかけたら嬉しそうにまたねと言ってくれたので嬉しかったです。次回もたくさんお喋りをして、何か子供たちのためになるような話が出来たらいいなと思います。

今回訪問の課題・目標は?
子供たちともっと仲良くなること、名前を覚えてもらうこと

対策
自分の名前を主張して、逆に子供たちの名前も積極的に呼んで行こうと思います。

次回の課題・目標
外遊びの際に、皆の輪に加われない子達用に用意してきたシャボン水がうまく機能しませんでした。もっとしっかり家で確認してから持ってこようと思います。

前回の訪問に比べてできたこと、できなかったこと
炎天下の中での訪問だったということもあり、体を動かすことがあまり出来ませんでした。子供たちに水を飲むよう促したりはしたのですが、熱中症対策が万全に出来ていたわけではないのでこれからの訪問ではもっと気をつけていきたいです。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。