340・みらいブログ【児童養護施設訪問日記】

月日 8月21日

訪問回数 1回
時間 9~12 時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
階段の掃き掃除、室内でジャンケン、手遊び、しりとり、ユニットでベルト等の工作作り

感想、気付き、感じたこと
施設に入った時に、先月の集団訪問で一緒に遊んだ◎くんが、「Gや!覚えてるで」と言ってくれて嬉しかったです。
始めは階段の掃き掃除をしました。その後1階の大きい部屋に行くと、Yくんが「待ってたよ、遊ぼー」と言ってくて読書の時間でしたが、指遊びやジャンケンやしりとりをして遊びました。他の男の子も覚えていて来てくれてましたが、名前が思い出せず、「名前教えて」と言うと「もういい」と少し不機嫌にさせてしまいました。そしたら、◎くんが「△くんだよ」と教えてくれました。
11時過ぎからは各ユニットに戻りました。今回はたんぽぽユニットに行きました。◎くんが、自分の部屋に呼んでくれてラジコンで一緒に遊びました。
その後、◇くんと◆くんがテーブルで紙を使ってベルト作りをしていたので◎くんも含めて一緒にベルト作りをしました。
今日は午前だけの訪問で時間になると、◎くんが、「また来てね」と言ってくれてうれしかったです。

今回訪問の課題・目標は?
少しでも多くの子供たちの顔と名前を覚える。
対策
訪問を継続して多くの子供たちと接していく。

次回の課題・目標
1回の訪問だけでも、ちゃんと顔を覚えてくれていたことがうれしかったし、また、名前まで覚えていない子もいて継続した訪問が大切だと改めて思いました。
また、今回は1人の子と遊ぶ機会が多くかったので、より多くの子どもたちと接していきたいです。
また、子供たちがいる場所には必ず職員さんがいるので、もっと職員さんともコミュニケーションをとって行こうと思います。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。