347・みらいブログ・教育支援プロジェクトクルーからの手紙

子供達に何を伝えたいか

私は当プロジェクトを通して、勉強を通して何かを頑張る経験を伝えていくことは勿論、何か辛いことがあっても僕たちがいるという環境を伝えたいかなと思っています。

例えば部活のストレスやクラスでの人間関係のストレス等、子供でも今を生活する私達にでも何処かの環境にいる限りは多少なりのストレスを感じて生きていると思ってます。

なので私は勉強だけでなく、何か辛いことがあっても気軽に話して欲しいという意味も込めて話しやすい関係作りは勿論、学校での出来事を聞くように意識しております。

関係を作ったとして、しっかり辛いことを話してくれるとは限りませんがある意味第二の親に近い形で接していけたらなと思います。

 

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。