366・みらいブログ・施設訪問報告

10月14日
訪問回数 5、6回
時間 13~ 15時
内容 例)どんな遊びやお手伝いをしたか?
ゴム跳び、大縄、キャッチボール、ドッチビー

感想、気付き、感じたこと
今回の訪問はいつもと違い、多くの子どもたちが自然と集まり、1つの遊びを行うという姿が見ることができました。いつもはボール遊びなどなので、男女に分かれがちでしたが大縄、ゴム跳びということで、男女関係なく、年齢も関係なくみんなで楽しんでいました。Sくんは、大縄をしたいけどずっと「入っていいのかな?」と言い、自分が遊びに入ることをみんなはどう思うのかと気になり、なかなか一歩を踏み出せませんでした。「一緒に大縄入りに行こうか!」と誘ったり、一緒に隣で大縄を眺めながら会話をしていました。職員さんも私と一緒に言葉がけをしてくれ、「一緒に遊びに入っていいんだよ。お姉さんも誘ってくれてるよ、一緒に縄の中にはいって貰えば怖くないよ」と言葉がけをしてくださり、次のゴム跳びの遊びでは笑顔で輪の中に入れていました。職員さんが「あなたはここにいていいんだよ」のように子どもを受容し、子どもの気持ちに共感し、口に出さない思いを汲み取る姿がとても印象的でした。そして、ルールのある遊びでは、自分の思いをうまく伝えられず我慢しきれなくなるRちゃんの姿も見られました。このような子どもたちの気持ちを汲み取りながら一緒にルールのある遊びを楽しめるようにしていきたいです。

寄付でご支援いただけませんか?

財団活動の多くは無償ボランティアの善意によって成り立っています。しかし子どもたちを継続して支援するためには、どうしても資金が足りません。

もし私たちの活動にご賛同いただけるなら、自由に使えるお金のうち少しをシェアしていただけませんか?
月100円からはじめられます。

生まれてきてよかったと子どもたちに思ってもらえる未来をつくるため、私たちは決して諦めません。